福岡の外壁塗装・外壁リフォーム業者を徹底リサーチ!

外壁塗装を検討している人のために、福岡で評判の良い塗装業者を調査しました。

そして、厳選した15社のなかから、さらに5社をピックアップ。比較をしてオススメ順に紹介しています。比較する際にチェックしたのは次の4つです。

会社の特徴&外壁塗装へのこだわり

いくら格安料金だったとしても、きちんとした仕事をしなければ後々のトラブルに発展します。塗装業者選びで大切なのは、地元福岡で地域密着の営業をしていて、とことん顧客のことを考えている”人”がいることです

保証・アフターケア

業者の保証期間は、ほぼ塗料メーカーの設定期間になります。見るべきはメーカー保証と業者による定期点検の内容。細やかな点検があることで、外壁塗装の寿命を延ばし住む人の安心を育みます

主な使用塗料

依頼する側として、我が家に使われる塗料を知ることは大切なことです。一般的には業者の提案どおりに進めるケースが多いようですが、家族を守るための外壁塗装なのですから、ある程度のメリットデメリットは知っておきましょう。

利用者からの口コミ・評判

福岡では、塗装業者にかんする口コミが多い傾向にあると思います。塗り替えの仕上がりや職人・スタッフの対応などについて、利用者からの口コミや評判をチェックしてみましょう。

それでは早速、福岡の外壁塗装業者5選を見ていきましょう。

自信を持って勧められる福岡の外壁塗装業者5選

いずれの業者も優良な評判が多いところばかりですが、リサーチ時点の情報が古くなっている可能性があります。
詳しくは業者の公式サイトで確認してみてください。

その1ベストホーム

ベストホームのサイト画像

会社名…株式会社ベストホーム
所在地…福岡県北九州市小倉南区徳力2-3-1

会社の特徴
塗装へのこだわり
●外壁塗装・屋根塗装などの建築塗装全般および防水工事など自社施工する地域密着型の塗装業者。
●見積書に下塗りや上塗り使用される塗料のメーカーや商品名はもちろん、使用する缶数など材料費や施工費の内容が細かく示されわかりやすい。
●「アステックペイント」を使った施工実績は九州北部エリアでNo.1。住宅から工場まで幅広い対応力がある。
●塗布量や塗り重ね時間の厳守といった社員への教育体制が、しっかりできている。
●施工中は随時写真を残すほか、使用後の空き缶まで撮影して施主に出荷証明書とともに提出。施工後は有資格者が点検して引き渡している。
保証
アフターケア
最長10年で、年1回&5年後からは半年ごとに定期点検をしてくれる
主な使用塗料 アステックペイント、ベンジャミン・ムーア等の外国製塗料、ハイドロテクノコート(TOTO)、ルミフロン(旭硝子)などの日本製塗料。
口コミ・評判 ●とにかく対応が丁寧で、家の外壁について写真を交えて分かりやすく説明してくれたので、こちらに決めました。
●古さを感じさせるひび割れなどがキレイになり、我が家がまるで新築のように生まれ変わりました!
●担当者のアドバイスが的確でしたね。価格も適正でしたし、工事の内容も親切に教えてくれました。仕上がりにもたいへん満足しています。
●毎日、工事終了の際には工程説明と結果報告をきちんとしてくださいました。
●営業担当の方、メンテナンススタッフの方からも細かい報告や手紙をいただき、心配りができている会社だと感心します。

その2住輝プランナー

住輝プランナーのサイト画像

会社名…住輝プランナー株式会社
所在地…福岡県久留米市東町36-8 ステーションプラザ久留米ビル6F

会社の特徴
塗装へのこだわり
●本社を佐賀に置く、外壁・屋根の塗装、防水リフォームを専門とする塗装業者。
●専任担当制で「しつこい営業」がない。
●工事前に近隣へのあいさつは住輝プランナーが行う。
●高品質な塗料・丁寧な施工を適正価格でご提案。
●完全後払い制。
保証
アフターケア
最長保証10年
主な使用塗料 プレミアム無機ハイブリッド塗料クラウンコートシリーズ他。
口コミ・評判 ●金額は高いかなと思いましたけど建築用塗料としては無機塗料と言う事で耐候年数が長いのではと思い決定しました。
●大変仕上げも良く満足しております。素晴らしい若い職人さん達でした。
●たくさんのパンフレットはポストにありますが何の連絡もなく、住輝プランナーさんからは電話を頂き最終的にお願いしました。

その3 ホームテック

ホームテックのサイト画像

会社名…ホームテック株式会社
所在地…福岡市東区二又瀬新町14-20

会社の特徴
塗装へのこだわり
●外壁塗装をはじめリフォーム全般を手掛ける建築会社。
●これまでの施工件数は6万件以上(全国)と、業界でも圧倒的な実績。
●近隣あいさつや毎日の進捗報告を欠かさない。
●塗料の使用量を出荷証明書とともに提出してくれる。
●外壁塗装を実際に施工するのは協力会社(下請け)。
保証
アフターケア
5年保証
主な使用塗料 ホームガードNEO(日本ペイント)ほか、一部上場企業の塗料メーカーとプライベートブランド契約を締結して供給を受けている。
口コミ・評判 ●こちらの要望をすべて受け入れてくれたのに見積もりが意外と安く、ホームテックに依頼しました。
●真摯な営業態度、詳細な資料と説明、工事価格。どれをとってもホームテックが良かったです。
●毎日工事が終わると家のまわりをきちんと清掃していたことも、ちゃんとしている会社だと思いました。

その4ナカヤマ彩工

ナカヤマ彩工のサイト画像

会社名…有限会社ナカヤマ彩工
所在地…福岡県福岡市西区今宿東2-24-27

会社の特徴
塗装へのこだわり
●塗装工事、防水工事、内装工事などリフォーム全般を扱う工務店。
●下地調整の程度、塗り回数厳守、規定量の塗布、希釈量の厳守、乾燥時間の厳守という5つの項目を掲げ、高品質な外壁塗装を施工。
●カタログの数値だけで判断するのではなく、実際の効果を独自の実験施設で効果測定したうえで塗料を提案。
保証
アフターケア
5年保証
主な使用塗料 ムキフッソ(関西ペイント)、ファイン4Fセラミック(日本ペイント)ほか国内優良塗料メーカーを使用。
口コミ・評判 ●見積書には、項目ごとの工法や塗料名が記載されており、わかりやすく説明していただけました。
●最初の現地調査の際、あちらこちらを計測したり外壁の状況を丹念に確認されたりしていたのが印象的です。
●工事にはあまり立ち会えなかったのですが、進捗状況を、ブログで写真や動画を使って説明してくれて、素人の私でもよくわかりました。

その5三州ペイント

三州ペイントのサイト画像

会社名…三州ペイント株式会社
所在地…福岡市博多区博多駅前3-28-3

会社の特徴
塗装へのこだわり
●外壁・屋根用塗料の販売と塗装工事を全国展開する会社。
●「SUNNEO(サンネオ)」シリーズと呼ばれる、下塗りから上塗りまで独自開発の塗料で施工。
●施工は自社の職人が対応。打ち合わせから完成、アフターフォローまで一貫している。
●契約後は、店舗だけでなく本社で二重チェックをするなど徹底してトラブル回避に努めている。
●近隣あいさつ代行などのフォロー体制もしっかりしている。
保証
アフターケア
10年保証
主な使用塗料 プレミアム住宅用塗料「SUNNEO(サンネオ)」シリーズ(自社オリジナル塗料)他。
口コミ・評判 ●塗料の品質が良さそうだと思い、三州ペイントに依頼しました。
●SUNNEO(サンネオ)を使って外壁塗装しました。ツルツルになって透明感がある仕上がり。細かな部分まで丁寧な仕事をしてくれます。
●塗料の耐久性がよく、1年以上経っても光沢感が持続しています。

外壁塗装する前に

「そろそろ外壁塗装を……」と、検討している方はいませんか?じつは外壁塗装をする前に、いくつか注意すべきことがあります。この記事では、外壁の状態や外壁材の種類、塗装業者の選択など、注意点について詳しく説明しましょう。

外壁の損壊に注意!

突風による外壁の被害事例

外壁塗装をする前に、まずは外壁の状態を点検しておきたいもの。強風などの影響で、気付かないうちに外壁が損壊している可能性があるためです。

実際、2017年8月福岡で、突風により住宅の外壁が浮いてくるという被害が発生しました。被害発生時に活発な積乱雲が通過したこと、風速や気温、気圧の特徴的な変化が見られたことから、「ガストフロント」と呼ばれる現象がこの突風の原因になったと考えられています。

推定からして、このときの風の強さは秒速30メートル。風が急に強まり、突風が10分ほど続いたと話す人もいました。その結果、福岡県博多区須崎町から呉服町にかけての広い範囲で、住宅や店舗の外壁材が浮き上がってくる被害が生じたのです。

参考:福岡管区気象台|平成29年8月9日に福岡県福岡市博多区で発生した突風について

外壁は耐久性の高いものを

その後のメンテナンスの必要性を考えると、外壁材は慎重に選んでおくべきでしょう。耐久性が高いもののほうが安心です。そこで、以下に代表的な外壁材である窯業(ようぎょう)系サイディング、ALC(エーエルシー)、タイル外壁材を取り上げ、その特徴を紹介します。

窒業系サイディング

新築住宅の7割以上がこの外壁材を使用しています。セメントと繊維、無機物などを混ぜ合わせて板状にし、工場でさまざまなデザインに加工したものです。

デザインや色のバリエーションが豊富で、その種類は3,000以上とも言われています。また、機能性に優れ比較的リーズナブル。塗装の塗り替え時期は、グレードにより大きく異なってきます。

ALC

ALCとは軽量の気泡コンクリートのこと。これを板状にしたものをACLパネルと呼びます。パネルの内部にはたくさんの気泡が存在するため、熱や衝撃に強いことが特徴です。

初期費用は高めですが、機能性は申し分ありません。窯業系サイディングと同じく、塗装の塗り替え時期はグレードにより異なります。

タイル

パネル材と比べて、圧倒的な高級感が魅力のタイル。石材や粘土を粉々に砕いて高温で焼き固めたものです。クラシックからモダンまでさまざまなスタイルが選べます。

初期費用は高めですが、耐久性に優れ劣化しにくいです。基本的に、塗装を塗り直す必要はありません。ただしタイル自体が重いため、地震の際などに落下しやすいといったデメリットもあります。

いろいろな種類がある外壁材。どの素材を選ぶかによってメンテナンスの頻度やコストは変わってきます。ここに挙げたもの以外にもさまざまな外壁材があるため、コストや機能性を比較検討して、予算と目的に合ったものを選びましょう。

外壁材自体を張り替えなければならないケースも

最もメジャーな外壁材である窯業系サイディングは、おおまかに言って5~7年ごとのメンテナンスが必要です。メンテナンスの種類には、「シーリング」「外壁塗装」「サイディング自体の張り替え」などがあります。

シーリング工事

サイディングそのものの寿命は30~40年と言われているため、「メンテナンスの必要はほとんどない」と考える方もいるかもしれません。しかし実際には、サイディング以前に外壁表面や目地部のシーリング材に劣化が生じます。

シーリング材とは、継ぎ目に施されているゴム状の詰め物のこと。7~10年くらいで劣化していきます。劣化すると防水効果がなくなったり、外部からの衝撃を吸収できなくなったりするため、必要に応じて打ち替えをしましょう。

外壁塗装

サイディングは、表面の塗装がはげてくると水が浸み込みやすくなり、吸水と乾燥を繰り返すことで反り返ったり浮いたりして劣化します。このため、サイディング自体が傷んでしまう前に塗装し直すのがおすすめです。メンテナンスの頻度は、使用する塗料によって大きく異なってきますから、施工業者とよく相談してから決めましょう。

サイディング自体の張り替え

サイディング自体の寿命は30~40年と耐久性に優れているものの、それまでのメンテナンス次第で劣化が速くなることもあり得ます。そうなると、塗装だけでは劣化の進行を抑えられなくなり、サイディングボードごと張り替えなければなりません。反りや欠け、サビが生じてしまった場合がこれにあたります。張り替える面積にもよりますが多くの場合、費用も高額になりがちです。

メンテナンスは建物をきれいに保つだけでなく、サイディングをしっかりと保護するためにも必要なこと。面倒だからと放置するのではなく、定期的なお手入れをしましょう。

訪問販売に注意!

相談件数は毎年6,000件以上

リフォーム工事に関しては、不当な契約などの苦情があとを絶ちません。国民生活センターに寄せられる相談は毎年6,000件以上にも上り、その多くが訪問販売によるものです。このため、よく調べてから会社を選ぶことをおすすめします。

参考:国民生活センター|訪問販売によるリフォーム工事

相談内容

以下は、実際に国民生活センターに寄せられた相談内容です。似たような手口で近づいてくる業者がいたら、慎重に対処してください。契約する前によく調べてみるか、信頼できる機関に相談してみましょう。

  • ある業者が来て、「お宅の屋根が危ない」と言われた。はしごを使って屋根に登り、応急処置をしてもらったが高額な請求をされた。
  • 訪問販売で訪れた業者と外壁・屋根の塗装をするよう契約したが、あとで見積書をよく見ると、施工面積が水増しされていることに気がついた。
  • 実家の親が、訪問販売で来た業者に「火災保険を使って屋根の修理ができる」と勧められて契約してしまった。すでに、工事の準備が進んでいるが止めたい。

ガスの使用に気を付けて!

外壁塗装中はガスが使えない場合がある

実際の工事が始まったら、ガスは使用できなくなる場合があります。経済産業省では、次の部分をビニールで覆う際は入居者の方にガスの使用禁止をお願いするように注意を促しています。[注3]

  • 排気筒トップ・給排気筒トップ
  • BFがまの給排気トップ
  • 換気扇のウェザーカバー
  • 玄関ドア、風呂釜の排気口
  • 屋外式給湯器

参考:経済産業省|ガスを安全に使おう

これらの部分をビニールで覆ったままガスを使用すると、大変危険です。機器の故障につながる可能性もありますし、爆発や火災の原因にもなりかねません。くれぐれも注意しましょう。

なぜガスを使ってはいけないの?

外装塗装などの工事が行われる場合、やむを得ず屋外給湯器などをビニールで覆う場合があります。このときむやみにガスを使用すると、新鮮な空気を取り込めないため不完全燃焼を起こし、一酸化炭素中毒を引き起こす可能性があります。また、ガス機器そのものが異常着火を起こし、爆発や火災の原因にもなることも。

ガス使用が可能かどうか、もし業者からの声かけがなかった場合にも自身で把握し、速やかに使用を中止するようにしてください。

福岡市のリフォーム助成金事情

リフォーム補助制度の概要

福岡市では、住宅のリフォームに関する助成金制度が存在します。

助成金の利用には条件が定められていますが、条件に合致する場合には、リフォームにかかる金銭的な負担を減らすことが可能です。

リフォームを行う前には、助成金の利用が可能かどうか確認してみましょう。

助成金、補助内容

福岡市が行なっている住宅のリフォームに関する助成金制度には、以下のようなものがあります。

  • 介護、障がい者や高齢者に関する住宅リフォーム助成制度
  • 住宅の耐震化に関する助成制度
  • 狭あい道路拡幅整備
  • 危険なブロック塀等の除去費補助
  • 給水工事や水洗化等に関する助成制度
  • 民間建築物吹付けアスベスト除去等対策
  • 緑化助成制度

各助成金制度には、それぞれ、費用の限度額や申請の手順が定められています。住宅のリフォームを検討する際には、助成金制度の担当窓口に内容を確認しましょう。

補助の対象

福岡市が実施している助成金制度は、各制度ごとに、対象となる人やリフォーム工事の内容が定められています。

実施予定のリフォームの内容が下記に該当するかわからない場合には、担当窓口に確認してみましょう。

参考:福岡市|住まいに関する助成制度・派遣制度

介護、障がい者や高齢者に関する住宅リフォーム助成制度

介護保険の要介護認定、または要支援認定を受けた人やその介護をする人、身体障がい者などの生活の負担を減らすために住宅を改造した場合が対象。

住宅の耐震化に関する助成制度

昭和56年5月31日以前に建築確認を得て着工した住宅のなかで、現在の耐震基準を満たさない住宅や倒壊する可能性が高いと判断された木造戸建住宅の耐震改修工事費用が対象。

狭あい道路拡幅整備

幅員が4メートル未満の市道に接した敷地について、後退用地内の支障物件(門や塀などの工作物)の撤去・移設工事費用が対象。

危険なブロック塀等の除去費補助

道路に面している危険なブロック塀等の除却に関する工事費用が対象。

給水工事や水洗化等に関する助成制度

給水工事、水洗化工事、水洗便所の改造、私道排水設備・低地排水設備工事、雨水流出抑制施設工事が対象。

民間建築物吹付けアスベスト除去等対策

吹付けアスベストが施工されているおそれのある建築物のアスベスト除去が対象。

緑化助成制度

指定の道路に面する住宅部分について、緑化を推進する工事が対象

 

北九州市のリフォーム助成金事情

リフォーム補助制度の概要

北九州市内にある住宅をリフォームする際には、リフォーム助成金制度を利用することができます。

助成金制度の利用には条件が定められていますが、一定の要件を満たせば、市の助成金制度だけではなく、国や県の助成金制度も利用できる場合があります。

 リフォームを行う前には、各助成金の利用が可能かどうか確認してみましょう。

助成金、補助内容

北九州市が行なっている住宅のリフォームに関する助成金制度には、以下のようなものがあります。

  • 北九州市住宅・建築物耐震改修工事費等補助
  • 住まいの安全安心・流通促進
  • 既存住宅流通・多世代居住リノベーション推進
  • 介護保険制度
  • すこやか住宅改造助成事業

各助成金制度には、それぞれ、費用の限度額や申請の手順が定められています。住宅のリフォームを検討する際には、助成金制度の担当窓口に内容を確認しましょう。

補助の対象

北九州市が実施している助成金制度は、各制度ごとに、対象となる人やリフォーム工事の内容が定められています。

実施予定のリフォーム内容が下記に該当するかわからない場合には、担当窓口に確認してみましょう。

参考:北九州市|北九州市内の住宅に利用できるリフォーム補助制度のご案内

北九州市住宅・建築物耐震改修工事費等補助

昭和56年5月31日以前に建築確認を得て着工した住宅のなかで、「補助対象となる住宅規模等」に該当する住宅の耐震改修工事費用が対象。

住まいの安全安心・流通促進

耐震性能がある住宅に行うエコや子育て・高齢化対応に資するリフォーム工事費用が対象。

既存住宅流通・多世代居住リノベーション推進

購入した中古住宅に対して行う子育て対応改修工事、または親世帯と近居または同居し生活するために行う改修工事の費用が対象。

介護保険制度

介護保険の要介護認定、または要支援認定を受けた人が、生活に支障がないように行う住宅改修工事の費用が対象。

すこやか住宅改造助成事業

介護保険の要介護認定、または要支援認定を受けた人や障がい者が、生活に支障がないように行う住宅改修工事費用が対象。 

 

福岡で評判の外壁塗装業者
3選


ベストホーム

福岡イチオシの外壁塗装業者ベストホームのHP画像
保証年数:最長10年、半年点検

公式サイトで詳しく>>



住輝プランナー

福岡で評判の外壁塗装業者住輝プランナーのHP画像
保証年数:最長10年

公式サイトで詳しく>>



ホームテック

福岡で評判の外壁塗装業者ホームテックのHP画像
保証年数:最長5年

公式サイトで詳しく>>

福岡で外壁塗装を検討している人のために、塗装業者をはじめ様々な情報をまとめました。外壁塗装をした家の施工例や業者の選び方、工事の流れ、見積書の見方、屋根塗装など…このサイトを見れば、外壁塗装のすべてが分かるようにしたつもりです。まずは福岡を施工エリアとする業者5選からご覧ください。

福岡の外壁塗装業者5選
ページの先頭へ