福岡の外壁塗装なび » 初心者は必見!外壁塗装はじめてガイド

初心者は必見!外壁塗装はじめてガイド

はじめて外壁塗装を検討している人のために、相場や塗り替えの時期、施工の流れなど事前にチェックすべき内容をまとめました。

おさえておきたい外壁塗装のチェックポイント

外壁塗装のイメージ

外壁塗装を依頼するのは初めて、という人のために、業者へ相談する前に知っておきたい基本情報をまとめています。

どんな戸建て住宅でも、築10年前後になると外壁塗装が必要とされています。

そして、おおよそ10年サイクルで塗装を繰り返し行うのが良いと言われていますが、その理由を皆さんはご存じでしょうか?

外壁塗装は、単に汚れを落として外観をきれいに見せることが目的ではありません。

いつまでも安心して快適に過ごせる家をつくること、これが本当の目的なのです。

では、外壁塗装を行わなかったら家はどうなるのでしょうか?その答えを「外壁塗装が必要な理由」のページで説明しています。

また、上に示した「10年サイクル」は、外壁材や塗料の種類によっても変わってきます。自然派志向の流れから最近増えてきた「板張り」の外壁材は、これより周期が短くなります。その他の材も含め、詳しくは「塗り替えの時期」のページでご紹介しましょう。

さらに、こちらのコンテンツでは外壁塗装工事の一般的な流れ、平均的な相場費用についても調べましたので、参考までにご覧いただけますと幸いです。

外壁塗装が必要な理由

外壁塗装の役割は、外側からもたらされる紫外線・風・雨・雪などから家を守ることです。

外壁塗装をしなければ防水効果が落ちてしまうため、カビやコケの付着・雨水の侵入・外壁のひび割れの原因を作り、また悪化させてしまうので、結果として不動産価値の低下を招いてしまいます。見た目の問題を先に考えてしまいがちですが、耐久性に関わる根本的な理由です。

>>外壁塗装が必要な理由

塗り替えの時期

外壁の種類によって、サイディング10年・モルタル7年・板張り5年と言われています。ただし、住んでいる環境や条件によっては、この年数限りではありません。外壁にひび割れが見つかった。

シーリング剤の部分にひびが見える。塗装の剥がれが目立つ。壁に触れたら白い粉がついた。これらのような現象が見られる場合、塗り替えたほうが良いかもしれません。

>>塗り替えの時期

塗装工事の流れ

塗装工事は足場を組むところから始まり、外壁の汚れを洗浄・下地の補修・車の養生・窓のマスキングを準備します。下塗り・中塗り・上塗をそれぞれ乾かしてから行うため、3日間かけて塗装します。

雨どいや戸袋などは、下塗りと上塗りの2回行い、最後に養生やマスキングテープを外し、塗りムラなどを確認、足場を撤去して完成します。

>>塗装工事の流れ

費用相場

基本単価は平米あたりで計算されます。費用の中には、足場・高圧洗浄・養生・外壁塗装が含まれます。場合によっては、下地補修代も必要になるかもしれません。

それぞれの項目単価×広さ=合計金額となります。30坪の家なら約70万円ですが、実際には人件費・塗料代によって高くなる傾向があるでしょう。何社か見積もりをして比較検討してください。

>>費用相場

外壁塗装で40代夫婦に選ばれる人気色5つの特徴と理由【福岡】

あまり汚れを気にしなくて済む。優しい雰囲気を感じられるベージュ系。落ち着いた印象を与えられるブラウン系。

アットホームなイメージと温もりを味わえる暖色のパステルカラーなど、海外の家を連想させる爽やかな寒色系カラーは、清潔でオシャレな家を作ってくれます。高級感の漂うダークグレーはシックな装いをもたらし、上品で迫力ある印象を演出してくれるでしょう。

>>外壁塗装で40代夫婦に選ばれる人気色5つの特徴と理由【福岡】

外壁塗装のDIYはお勧めできない?

DIYによる外壁塗装は、人手不足・不十分な洗浄・養生やマスキングの不備によって、うまく塗装できない可能性があります。

また、脚立を使っての作業はケガをするリスクも高く、長期的に塗装を保つための対応も完全なものではありません。DIYで家具を塗装する作業とはまったく異なるため、同じような感覚で挑戦することはお勧めできません。

>>外壁塗装のDIYはお勧めできない?

外壁塗装で火災保険を使う場合

外壁塗装に使うことのできる保険は、住宅火災保険・住宅総合保険・特約火災保険・従来の欠点が補強される保険の4つのタイプがあります。

ただし、水による災害は適用範囲外となる保険もあるため、どこまでの保障に対応しているのかを確認したほうが良いでしょう。保険会社の判定を受け、火災保険が適用されると工事費を抑えることも可能になりますので、塗装業者へ見積もりを依頼してください。

>>外壁塗装で火災保険を使う場合

外壁塗装の見積もりの時のテクニックとは?

塗料の費用÷耐用年数=1年間のコストを計算して塗料を選びましょう。また、塗装しなければならない場所が複数の場合は、まとめて見積もることで割引を受けられるかもしれません。

問題や予算を具体的に伝え、複数の業者へ見積もりを打診してください。詳細な項目が提示されているかどうかや、値引きされる理由、アフターサービスや保証の有無などを確認して、納得できる業者の見積もりを採用しましょう。

>>外壁塗装の見積もりの時のテクニックとは?

外壁塗装を業者に依頼する際の注意点とは?

複数の業者に見積もりを依頼しても、別の業者へ金額を見せて値切るのは控えましょう。人件費や工程を減らして、交渉に応じられてしまえば意味がありません。

一般的な価格よりも驚くほど安い業者には要注意です。営業マンに契約を迫られたとしても、すぐに返事をしないでください。保証が適用される範囲や塗料の耐久年数などを確かめて、ライフプランに合ったものを選びましょう。屋根と外壁を同時に塗装すれば結果的に安く済みます。

>>外壁塗装を業者に依頼する際の注意点とは?

外壁塗装はなぜ劣化するのか

建物にとって外壁塗装は私たちの体の皮膚と同じような役割を果たしています。外的刺激から内部を守っています。その外壁塗装は必ず劣化します。経年劣化です。部材や塗料の寿命がある以上、避けられません。それ以外にも要因は雨、風、紫外線などさまざま存在します。対処するには原因を知り、早期発見が必要。症状を知り、対策するタイミングを計りましょう。

>>外壁塗装はなぜ劣化するのか

福岡で評判の外壁塗装業者
3選


ベストホーム

福岡イチオシの外壁塗装業者ベストホームのHP画像
保証年数:最長10年、半年点検

公式サイトで詳しく>>



ホームテック

福岡で評判の外壁塗装業者ホームテックのHP画像
保証年数:最長5年

公式サイトで詳しく>>



ハウジングコート

福岡で評判の外壁塗装業者ハウジングコートのHP画像
保証年数:最長10年

公式サイトで詳しく>>

福岡で外壁塗装を検討している人のために、塗装業者をはじめ様々な情報をまとめました。外壁塗装をした家の施工例や業者の選び方、工事の流れ、見積書の見方、屋根塗装など…このサイトを見れば、外壁塗装のすべてが分かるようにしたつもりです。まずは福岡を施工エリアとする業者5選からご覧ください。

福岡の外壁塗装業者5選
ページの先頭へ