福岡の外壁塗装なび » 初心者は必見!外壁塗装はじめてガイド » 外壁塗装で火災保険を使う場合

外壁塗装で火災保険を使う場合

外壁塗装で火災保険を使う場合

何らかの災害に見舞われて外壁塗装をする場合、火災保険が使えるケースは、火災やガス爆発などの事故によるものだけだと思っていないでしょうか。火災保険がカバーする災害は、事故だけではなく、風災や落雷などの天災も一部は保障の範囲です。

火災保険のことを詳しく知らなくて受けられる保障をみすみす逃すことのないよう、火災保険が使える場合について確認していきましょう。

外壁塗装に使える火災保険の種類

外壁塗装で利用できる、戸建住宅向けの火災保険は4種類あります。

  • 住宅火災保険
  • 住宅総合保険
  • 従来の欠点が補強されている新タイプの保険
  • 特約火災保険

それぞれについて詳しく解説していきます。

《住宅火災保険》
住宅火災保険は、戸建て住宅に対する火災保険としては、標準的な保障内容の保険です。火災のほかに、風災・落雷・爆発・ひょう(雹)・雪災によって被った外壁の損害が補償されます。台風の飛来物で外壁に損害を受けた場合は、住宅火災保険が適用される可能性があります。

福岡では、台風上陸は年に何度か可能性がありますので、暴風で飛ばされてきたもので壁が損壊した場合、保険の請求ができるかどうか相談してみると良いでしょう。

注意したい点は、「水」に関する天災には適用されないという点です。同じ台風でも、防風ではなく暴雨で浸水した場合は、住宅火災保険は適用されません。

《住宅総合保険》
住宅火災保険の保障内容にプラスして、水害・水濡れ・暴行・破壊・飛来・落下・衝突・盗難といった天災や人的災害により外壁に被害を受けた場合にもその損害が補償される保険です。

住宅総合保険なら水害でも保障が効き、住宅火災保険ではカバーしきれない部分も総合的に保障できるオールマイティな保険と言えるでしょう。

《住宅総合保険をさらに補完する新タイプの保険》
この保険は、住宅総合保険よりさらに補償の範囲を広げたり、実際の損害額を保険金として支払ったりと、さらに細かいニーズにも対応した、いわゆるオールリスクタイプの保険です。販売する保険会社によって特色があるため、このタイプの火災保険に入っている場合は補償内容を確認しておきましょう。

《特約火災保険》
住宅金融支援機構で住宅ローンを組んで持ち家を購入する際、加入義務のある火災保険です。住宅総合保険と同様の内容と考えてください。

保険適用のメリット

火災保険が適用できれば、高額な外壁塗装の工事費も相殺できる点が何といっても大きなメリットです。

ただ、外壁に受けた傷や汚れが火災保険の適用範囲かどうかを決めるのは保険の契約者ではなく、保険の申請を受けて保険会社から派遣される損害鑑定人です。外壁の傷や汚れが経年劣化によるものと判定されれば、残念ながら保険金は得られません。

外壁塗装に火災保険を使う際の注意点

火災保険の申請をする際は、事前に塗装業者に見積もりを作成してもらわなくてはなりません。このときの業者選びには気を付けてください。保険金を目当てにしてしつこく営業をかけてきたり、酷い場合は申請を代行すると言って保険金をだまし取るケースも実際に報告されています。

福岡の外壁塗装業者は、ぜひ当サイトでオススメしている業者をご利用ください。

福岡で評判の外壁塗装業者
3選


ベストホーム

福岡イチオシの外壁塗装業者ベストホームのHP画像
保証年数:最長10年、半年点検

公式サイトで詳しく>>



ホームテック

福岡で評判の外壁塗装業者ホームテックのHP画像
保証年数:最長5年

公式サイトで詳しく>>



ハウジングコート

福岡で評判の外壁塗装業者ハウジングコートのHP画像
保証年数:最長10年

公式サイトで詳しく>>

福岡で外壁塗装を検討している人のために、塗装業者をはじめ様々な情報をまとめました。外壁塗装をした家の施工例や業者の選び方、工事の流れ、見積書の見方、屋根塗装など…このサイトを見れば、外壁塗装のすべてが分かるようにしたつもりです。まずは福岡を施工エリアとする業者5選からご覧ください。

福岡の外壁塗装業者5選
ページの先頭へ