費用相場

塗り替え費用はピンキリといわれる塗装業界。外壁塗装の相場はいくらになるのか、見積もりに掲載している項目ごとに金額をリサーチしました。

外壁塗装工事の項目別明細費用(一例)

明細を示してくれる良心的な施工店に依頼して見積もりを取ったことがある方であればご存じだと思いますが、外壁塗装の費用は平米あたりいくらで示されています

これが基本単価となり、広さに応じて合計金額が変わるしくみです。以下に示した相場は、約30坪の2階建て住宅(外壁塗装面積130m2、足場面積160m2)で外壁塗装を行う場合の費用です。相場感をつかむために、参考にしてみてください。

  平米単価 金額
足場 800円 128,000円
高圧洗浄 200円 26,000円
養生 400円 64,000円
下地補修 - 30,000円
(補修内容による)
外壁塗装 1,800円 468,000円
(下塗りから上塗りまでの工程含む)
合計   716,000円

相場はピンキリ!数社に見積もりを!

外壁塗装工事の項目別明細費用(一例)上記で示しているのは、ホームページ等で明細を開示しているところを平均して算出したものですが、実際はこれより高くなると思われます。※現実的には100万円~が妥当な金額だと考えられます。

というのも、金額を提示できるのはそれなりの自信がある(=安さをウリにしている)会社だからです。

また、外壁塗装の費用でいちばんコストがかかっているのが人件費。塗料によっても費用は変わってきますが、高い塗料だとそれだけ技術も必要になり、人件費にも反映されてきます。

相場を知るのはなかなか難しいですが、最良の方法は「いくつかの会社に見積もりを依頼する」こと。ほとんどの会社が無料で提示してくれますので、これを参考に相場を知り、信頼できる業者に外壁塗装を依頼するのが最善の方法でしょう。

【種類別】塗料の耐用年数と費用

塗料とひと言にいってもその種類は豊富で、それぞれ耐用年数や費用相場が異なります。

耐用年数は長ければ長いほどいいですが、そのぶん費用が割高になりやすいので、予算と照らし合わせながら自分に適した塗料を選ぶようにしましょう。

ここでは家造りに使われる塗料の耐用年数や費用相場について塗料ごとに情報をまとめてみました。

アクリル塗料

外壁塗装に使われる塗料の中でも価格がリーズナブルなことで知られる塗料です。

かつては価格の安さに注目が集まり、人気を博した塗料ですが、他の塗料と比較すると耐久性が低いため、最近は人気がやや下降気味です。とにかく予算を抑えたいという人向けの塗料と言えるでしょう。

耐久年数

アクリル塗料の弱点は耐久年数が短いこと。長くても5~6年、短いと3~4年ほどしかもちません。

特に防水性が低いため、浸水を避けるために5年もしたら再度外壁の塗り直しをしなければいけない状況になります。

また、耐久性が低いぶん、ひび割れを起こしやすいところもネックのひとつ。当然見栄えが悪くなるので、家の外壁塗料にはあまり向かない塗料と言えそうです。

費用相場

アクリル塗料の平均費用相場は1㎡あたり800円~1,000円程度となっています。

約30坪の2階建て住宅を建てる場合、外壁の総面積は約150㎡程度と言われているので、トータルの費用相場は12万円~15万円程度となります。

費用に関する注意点

アクリル塗料は外壁塗料の中でもかなり安価な部類に入りますが、先にも述べた通り、耐用年数が低いため、短いスパンで塗り直しをしなくてはいけません。

繰り返し塗装して気分を変えたいという人には向いていますが、単純に1缶あたりの費用の安さに惹かれてアクリル塗料を選ぶのはNG。塗り直しまでの期間が短いということは、それだけランニングコストがかかりやすい証拠でもあります。

特に二階建ての家の場合、塗装に足場などを組まなくてはならず、そのぶんの費用もかさむと考えると決してコストパフォーマンスは良くないので安易にアクリル塗料を選ぶのは避けたほうが懸命です。

ウレタン塗料

ウレタン樹脂塗料は外壁塗料の中でも人気の高い塗料のひとつ。柔らかい性質を持っており、外壁にしっかり密着するので素人でも取り扱いやすいところがメリットです。

また、光沢があるので仕上がりに高級感が生まれるのも魅力となっています。

耐用年数

アクリル樹脂塗料に比べれば耐用年数は長いものの、やはり紫外線に弱いという性質を持っているため、平均耐用年数は7~10年と言われています。

費用相場

1㎡あたりの費用相場は1,200円~1,500円程度。アクリル塗料に比べると1㎡あたりの費用は400円~500円ほど値上がりしますが、そのぶん耐久性も4年ほどアップするのでコストパフォーマンスはなかなかのものです。

30坪の2階建て住宅なら、約18万円~22万5千円の予算で塗装することができます。

アクリル塗料との差額は6~7万円ほどですが、耐久性が約2倍にアップすることを考えれば経済性はこちらのほうが上と言えるでしょう。

費用についての注意点

ウレタン塗料は比較的コスパの良い塗料であると説明しましたが、一方で防汚性が低く、場合によっては耐用年数より短いスパンで塗り直しをしなければいけない状況に陥ることがあります。

外壁は屋外にさらされている部分なので完全に汚れを避けることは不可能ですが、雨が当たらない場所や太陽光が当たりにくい場所、湿気が多い場所などは汚れやカビが発生しやすいため、ウレタン塗料を使った塗装には不向きと言えます。

シリコン塗料

現代において最もスタンダードな外壁塗料です。耐久性・防汚性ともに高い上、汚れがついても比較的すぐに落とせる。見栄えが良いなど複数のメリットを兼ね備えています。

性能が良いぶん、アクリル塗料やウレタン塗料に比べると1㎡あたりの単価はやや高めですが、それを補ってあまりある魅力を備えているのが特徴です。

耐用年数

耐久性・防汚性に優れたシリコン塗料の耐用年数は平均10~13年。アクリルやウレタンに比べるとかなり耐用年数が長く、丈夫であることが伺えます。

汚れがついても落としやすいので、日当たりの悪い場所や雨が当たりにくい場所の塗装にも適しています。

費用相場

1㎡あたりの費用相場は1,500円~1,800円程度。

アクリルの費用相場の2倍以上、ウレタンと比べてもおよそ300円の値上がりとなりますが、耐用年数が延びているぶん、塗り直しの間隔も開くので長い目で見るとアクリルやウレタンよりもトータルコストを安く抑えることができます。

なお、30坪2階建てのマイホームを塗装する場合の平均費用は22万5千円~27万円程度です。

費用についての注意点

シリコン塗料とひと言にいってもその質はピンからキリまであり、質の低いシリコン塗料を使用することで塗装費用を安く抑えているところもあります。

素人からすると同じシリコン塗料を使っているわけですから費用の安いほうを選びたくなるところですが、質の低いシリコン塗料は通常のものと比べて耐用年数が大幅に下がってしまうため、総合的に見るとコスパが悪くなってしまいます。

相場より大幅に安い価格を提示している業者は警戒したほうが無難と言えるでしょう。

フッ素塗料

光沢感があり、高級感を醸し出すことができると評判のフッ素塗料。

同じ光沢のある塗料でもつや消しすることができないウレタン塗料に対し、フッ素塗料はつや消しすることで重厚感を演出できるところが特徴です。

耐用年数

フッ素塗料の耐用年数は非常に長く、平均15~20年ほど。一般的に住宅のリフォームは築10年をめどにスタートするのが理想と言われているのですが、それ以上の耐久性を誇るのがフッ素塗料の魅力です。

マイホームの本格的な修繕に合わせて外壁を塗り直すと覚えておくとわかりやすいかもしれません。

費用相場

フッ素塗料の1㎡あたりの費用相場はだいたい1㎡あたり2,700円~3,700円程度。最も安価なアクリル塗料に比べると3倍以上の高値となっています。

30坪の2階建てを塗装する場合、トータル費用は40万5千円~55万5千円程度となり、かなりまとまった金額になります。

ただ、そのぶん耐用年数も3倍以上。見た目の美しさや手間ひまの問題を考えるとフッ素塗料を選ぶという選択肢もありでしょう。

費用についての注意点

耐久性・耐熱性・耐寒性、そして不燃性や耐摩擦にも優れたフッ素塗料。外壁の塗料としては最良のものですが、単価が高いので初期費用がかさむという欠点があります。

外壁の景観にもこだわるという人には最適の塗料ですが、そうでないのならシリコン塗料でも十分満足できるでしょう。

光触媒塗料

外壁の汚れを太陽光で分解するという画期的な塗料です。防汚性に優れているため、他の塗料に比べるとメンテナンスの手間が省けるところが特徴

また、汚れによる劣化も遅れるので、耐久性にも優れていると言えます。

耐用年数

光触媒塗料の耐用年数は10~13年ほど。フッ素塗料にはやや劣りますが、人気No.1のシリコン塗料とほぼ変わらない耐久性を備えています。

費用相場

光触媒塗料は最近開発されたばかりの最新塗料なので値段もかなり高め。

1㎡あたりの価格はなんと5,000円~5,500円ほどで、フッ素塗料の約2倍にあたります。

30坪の2階建てなら塗料のみで75万円~82万5千円とかなりの費用がかかってしまうため、まだまだ一般住宅向けとは言えません。

費用についての注意点

光触媒塗料は次世代塗料として人気を集めていますが、価格の割に耐用年数がシリコン塗料と変わらないため、コスパは決していいとは言えません。

光が当たらないところは清掃効果も薄れるという欠点があるので、よほど予算に余裕がないと外壁塗装に採用するのは難しいと言えるでしょう。

>>塗料のグレードと耐用年数についてはこちら

>>塗り替えの時期についてはこちら

>>福岡でおすすめの外壁塗装業者はこちら

福岡で評判の外壁塗装業者
3選


ベストホーム

福岡イチオシの外壁塗装業者ベストホームのHP画像
保証年数:最長10年、半年点検

公式サイトで詳しく>>



ホームテック

福岡で評判の外壁塗装業者ホームテックのHP画像
保証年数:最長5年

公式サイトで詳しく>>



ハウジングコート

福岡で評判の外壁塗装業者ハウジングコートのHP画像
保証年数:最長10年

公式サイトで詳しく>>

福岡で外壁塗装を検討している人のために、塗装業者をはじめ様々な情報をまとめました。外壁塗装をした家の施工例や業者の選び方、工事の流れ、見積書の見方、屋根塗装など…このサイトを見れば、外壁塗装のすべてが分かるようにしたつもりです。まずは福岡を施工エリアとする業者5選からご覧ください。

福岡の外壁塗装業者5選
ページの先頭へ