塗料のグレードと耐用年数

家の外壁に使われる塗料について調べました。アクリルやシリコンなどの種類別の特徴をはじめ、グレードや耐用年数、さらにいま話題のピュアアクリルまで、情報盛りだくさんです。

外壁塗装に使用される塗料の種類

一般的に使われる塗料を成分で分けると、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素といったものがあります。最近では、耐久性に優れ長持ちする光触媒を使う塗装もあります。ただ、施工費用が高く認定業者でしか扱えません。

以下に、各塗料の特徴とおおまかな耐用年数、価格(30坪の戸建の場合)をまとめましたので参考にしてみてください。

外壁塗装のグレード/耐用年数

  耐用年数 価格 概要
アクリル 5~8年 100~110万円 新築分譲住宅に多く使われている塗料。耐久性は低いが、安価でまめに塗り替えたい方には◎。
ウレタン 6~10年 110~120万円 塗膜が柔らかく密着性がよいため、塗装のはがれた部分に上塗りしてはがれにくくする場合に最適。
シリコン 10~15年 120~130万円 現在もっとも主流になっている塗料、価格の割に耐久性が優れておりコストパフォーマンスがよい。
フッ素・
光触媒
約20年 130~150万円 耐久年数が長く、屋根材の塗料として採用されることが多い。光触媒は認定施工店のみの対応。

1度塗れば長持ちするシリコンやフッ素は、確かに耐久性に優れています。しかし、立地環境や外壁の素材によっては、手入れをしないと汚れが目立ち外観を損ねることもあります。

できれば10年周期くらいで外壁塗装をするほうが美観を損ねず、建物を保護するという意味でも良いとされています。

10年以上の耐久性をもつアクリル塗料が話題に

10年以上の耐久性をもつアクリル塗料が話題に一般的にアクリル塗料は安価で耐候性が低く長持ちしないと言われていますが、最近は10年以上の耐久性能を持つアクリル塗料も出てきています。

例えば、アステックペイントが販売する「ピュアアクリル」の場合、耐用年数は約15年シリコン並みの耐久性がありながら、価格はリーズナブルとあって人気が出てきています。

実は、本来アクリル樹脂は耐侯性が良くて透明度が高く、日焼けをしない塗料なのです(飛行機の窓や水族館のガラスにも使われています)。

しかし、市販のアクリル塗料には、より性能を高めるためシリコンやフッ素などが配合されています。このため、アクリル本来の実力が発揮できなくなっているという一面もあるのです。

「ピュアアクリル」は、きわめて純度の高いアクリル樹脂を使用しているため、アクリルの持つ力をいかんなく発揮する樹脂。耐候性、防水性、遮熱性、経済性を兼ね備えた塗料として注目が集まっています。こうした塗料に着目してみるのもよいかもしれませんね。

福岡で評判の外壁塗装業者
Best3

第1位
ベストホーム

福岡イチオシの外壁塗装業者ベストホームのHP画像
保証年数:最長10年、半年点検
おすすめ度★★★★★

公式サイトで詳しく>>


第2位
ホームテック

福岡で評判の外壁塗装業者ホームテックのHP画像
保証年数:最長5年
おすすめ度★★★★☆

公式サイトで詳しく>>


第3位
ハウジングコート

福岡で評判の外壁塗装業者ハウジングコートのHP画像
おすすめ度★★★★☆
保証年数:最長10年

公式サイトで詳しく>>

福岡で外壁塗装を検討している人のために、塗装業者をはじめ様々な情報をまとめました。外壁塗装をした家の施工例や業者の選び方、工事の流れ、見積書の見方、屋根塗装など…このサイトを見れば、外壁塗装のすべてが分かるようにしたつもりです。まずは福岡を施工エリアとする業者5選からご覧ください。

福岡の外壁塗装業者5選
ページの先頭へ