塗料は外壁とちがうの?

耐久性をアップする塗料、環境に優しい塗料など、さまざまな種類がある屋根塗装でいま話題の塗料について紹介します。

屋根塗装に使われる塗料の種類

屋根の塗装に使われる塗料は、基本的には外壁と同じ種類が使用されています。しかし、外壁よりも紫外線や風雨などの影響を大きく受ける部分ですから、耐用年数は外壁よりも短くなります。外壁で使うものよりも、耐久性のある塗料を選ぶようにしましょう。

  耐用年数 特徴
アクリル 2~3年 屋根の塗料としては性能が低いと見られるが、最近は耐久性の強い塗料もある。
ウレタン 4~6年 つやがあって耐久性もある。種類が豊富でコストパフォーマンスがよい。
シリコン 5~10年 防汚性、耐候性に優れている。ただし、メーカーによって性能にバラつきがある。
フッ素 8~10年 高価だが耐久力は極めて高い。耐用年数が20年前後の商品もある。

環境にもやさしい遮熱系塗料とは

屋根塗装に使われる塗料のなかに、最近「遮熱系塗料」というタイプのものが増えています。これは、塗料に赤外線を反射する顔料が含まれているもので、とりわけ夏場には屋根面の温度を10~20℃も下げる効果があるとされています。

屋根面の温度を下げるということは、室内の温度を抑えることにもつながります。エアコンを使わなくても快適な住まいを実現するのも、遮熱系塗料を使う魅力でしょう。

とはいえ、最近の住まいは断熱性能の高い建材が使われているのが一般的。現段階で快適な室内空間を保っている戸建住宅の場合には、それほど効果を感じられないかもしれません。夏場の室内環境を思い起こしながら、必要か否かを判断するとよいでしょう。

スレート屋根に最適な最新塗料

屋根塗装を行う際、外壁と同様に高圧洗浄を施し、汚れをきれいに落としてから塗装をします。この高圧洗浄をする際、スレート屋根のように人体に有害なアスベストが含まれている屋根材の家は注意が必要です。高圧洗浄によってアスベストが飛散する可能性があるからです。

こうした屋根に対応する塗料が、最近市場に出てきています。例えば、アステックペイントが販売している屋根塗料には、高圧洗浄をしなくても塗装ができる商品があります。

この塗料には、塗膜の伸縮が柔軟でしかも優れた浸透力がありアスベストを抑え込む(接着する)といった特性があるためです。

しかも長期にわたり接着し続けますし、将来、解体する時にもアスベストの飛散を極力防ぐことにもつながります。スレート屋根の住まいの方は、人にも環境にも優しいこうした塗料を検討されてみてはいかがでしょうか。

福岡で評判の外壁塗装業者
Best3

第1位
ベストホーム

福岡イチオシの外壁塗装業者ベストホームのHP画像
保証年数:最長10年、半年点検
おすすめ度★★★★★

公式サイトで詳しく>>


第2位
ホームテック

福岡で評判の外壁塗装業者ホームテックのHP画像
保証年数:最長5年
おすすめ度★★★★☆

公式サイトで詳しく>>


第3位
ハウジングコート

福岡で評判の外壁塗装業者ハウジングコートのHP画像
おすすめ度★★★★☆
保証年数:最長10年

公式サイトで詳しく>>

福岡で外壁塗装を検討している人のために、塗装業者をはじめ様々な情報をまとめました。外壁塗装をした家の施工例や業者の選び方、工事の流れ、見積書の見方、屋根塗装など…このサイトを見れば、外壁塗装のすべてが分かるようにしたつもりです。まずは福岡を施工エリアとする業者5選からご覧ください。

福岡の外壁塗装業者5選
ページの先頭へ