福岡の外壁塗装なび » 初心者は必見!外壁塗装はじめてガイド » 外壁塗装の期間はどれくらいかかる?

外壁塗装の期間はどれくらいかかる?

外壁の塗装工事には準備も含めていくつもの工程があります。「ただペンキを塗るだけだからすぐに終わるでしょう?」と思われがちですが、ある程度の期間が必要になります。ここでは実際にどれくらいの期間がかかるのかという事について解説していきましょう。

外壁塗装にかかる期間はどれくらい?

外壁塗装にかかる期間は、30坪前後の2階建て住宅の場合 順調にいったとしても7日~10日はかかります。一般的には10日~14日と考えておくと良いでしょう。

外壁塗装のスケジュール

  • 1日目 足場の設置 … 足場の組み立てを行います。塗装作業では足場は必要不可欠なスペースです。いい加減な足場の設置では事故を招きます。足場を専門の業者に依頼する場合は1~2日くらいの余裕を持ってスケジュールを立てます。
  • 2日目 塗装前の洗浄 … 高圧洗浄機を使って外壁の汚れを洗浄します。表面の汚れだけではなく、コケやカビも落とします。この作業を丁寧に行うことで塗料ののりが良くなり、施工後の塗装を長持ちさせることができます。汚れの程度や面積にもよりますが洗浄には半日から1日かかり、洗浄後は1~2日の乾燥が必要な場合もあります。
  • 3日目 下地処理 … 外壁の日歩割れやシーリングの劣化によってできている隙間を埋める補修作業を行います。この作業も洗浄同様しっかり行うことで塗装後の塗膜を長持ちさせることになります。外壁がサイディングで打ち替えを行う場合は作業に2日以上かかることもあります。
  • 4日目 塗装前の養生 … 玄関ドア・サッシ・給湯器など、塗料がついてはいけない場所をビニールやマスキングテープで覆って保護します。約半日ほどかかる作業です。
  • 5日目 下塗り … この後に行う中塗りと上塗りの塗料がしっかりとのるように下地の塗料を塗装します。下地材は上塗りの色がはっきりと見えるようにするための役割も兼ねているので、選んだ色とは違う色を使うこともあります。
  • 6日目 中塗り … 下塗りの後は中塗りの工程になります。塗装後の乾燥については塗料や天候、気温などで適切なタイミングが変わってきます。しかし、中塗り後にすぐに上塗りに取り掛かる業者には注意が必要です。
  • 7日目 上塗り … 塗装作業中に雨が降ってきた場合は作業は中止となります。
  • 8日目 点検と手直し … 塗装作業が終了した時点で施主立会いのもと職人と施工会社による自主点検を行います。塗りムラや塗り残しなどの気になる箇所があった場合はその場で指摘をし、手直し工事を行います。
  • 9日目 片づけと足場の解体・撤去 … 足場を撤去し、作業現場のゴミ捨てや掃除をして完了となります。

この日程に、休日を入れてスケジュールを組んでいきます。経年劣化が激しい場合や、雨や台風で塗料が乾かない場合などは日数が延びます。また、冬場は日照時間の関係で1日の作業時間が短くなるため作業日数が1~2日長くなることもあります。

外壁塗装の期間中にしておきたいこと

外壁塗装はお隣や周囲の家に塗料が飛び散ってしまったり、作業の際の音や塗料の独特の臭いで不快な思いをさせてしまうことがあるため事前にあいさつ回りをしていくことがトラブルにならないようにするためにも重要です。
挨拶の際は「工事がいつから始まり、終わりの予定がいつなのか」「工事を始める時間と終わる時間」「休日に工事を行う予定の有無」をきちんと説明するようにしましょう。ご自身で行くのがベストですが、最近は業者が代理で行う所も多くなってきています。個々の事情に応じて行いましょう。
その他に、家の周りの足場の設置の邪魔になるようなものを片付けておくこと、業者の車の駐車スペースの確保もできていた方が良いでしょう。

工事の間は洗濯物は外に干せなくなることや足場の設営期間中は防犯上施錠を忘れないようにするなどの注意も必要です。家族だけでなく、隣家が近い場合にはお隣にも声かけを忘れないようにしましょう。

外壁塗装の日数が伸びるケース

天候により塗料が乾かない

塗料は決してドライヤーなどで乾かすわけではありません。天候によって乾かすため、曇りや雨の日が続いてしまっては塗料を乾かすことができません。元々天候を見ながらスケジュールを判断しますが、天気ばかりはコントロールすることができません。事前に工期が伸びる可能性を視野に入れておきましょう。

外壁の経年劣化により補修に時間がかかる

外壁をきれいに補修するためには、まずは平面を平らにする必要があります。そのため経年劣化が激しい場合には壁面の損傷も大きく、まず壁面の損傷を修繕する必要が生じます。補修の範囲が広範囲になるほど時間が掛かり、費用も大幅に生じる可能性があります。経年劣化が激しい場合には、十分に注意しましょう。

乾燥に時間がかかる塗料を使用する

塗料の種類によっては、乾燥に大幅に時間を要する場合があります。これまでとは異なる種類の塗料を使用する場合や、素材として珍しい塗料を使用する場合には、乾燥させるだけで大幅に時間が掛かる場合があります。特殊な塗料は仕上がりこそ美しいですが、完成までに時間を要することを十分に理解しておきましょう。

1日の日照時間が少ない

季節や天候によって1日の日照時間が少ない場合には、どうしても乾燥に時間が掛かります。ただ天候が晴れていればいい、風が吹いていればいいということではありません。そのため日が照る時間はとても重要です。日照時間が短い場合には、工期が短くなることも覚悟しましょう。

外壁塗装が長引かないためにできること

梅雨・台風などの荒天が多い時期を避ける

屋根や外壁の塗装作業は屋外での作業になるため、雨天の場合は作業に大きな影響を与えることになります。そのため、そもそも雨や台風が続く場合には、時間が掛かってしまう可能性があります。そのほか、塗装作業を行う際は塗装面の乾燥が重要になるため、一度雨に濡れてしまうと乾燥するまで次の作業に進むことができません。また、雨風が強い日なども塗装面にホコリがついてしまうので、作業することができません。したがって荒天が多い時期を避けるのは非常に重要なポイントになるでしょう。季節で言えば6月~8月の梅雨や夏の時期、9月~10月の秋はじめには十分に注意しましょう。

 

外壁塗装の施工前に現地点検を受ける

外壁塗装を実施する前に現地で点検を受けておけば、塗装の工期を短くすることが可能です。もちろん現地点検時に補修が必要な場合には時間を要しますが、塗装自体の時間を短くする上では非常に有効です。塗装はにおいなどを含め、近隣住民にも迷惑を掛ける可能性が高いため、「塗装」の期間自体を短く設定できる場合にはその方が安心でしょう。

工事費用の保証を調べておく

工事が長引けば、必然的に費用は高くなってしまいます。その際費用の保証金額を見ておけば、費用面の負担を軽減することが可能です。工事費用は施工の依頼主がコントロールしにくいものだからこそ、事前に安心できる材料を見つけておけるのが良いでしょう。また、万が一天候などでさらに工期が伸びる場合や、塗り直しが発生する場合にも保証があれば安心して対応を依頼できます。事前の確認が安心につながるため、怠らないようにしましょう。

福岡で評判の外壁塗装業者3選

地域密着で安心・長持ち

ベストホーム

福岡イチオシの外壁塗装業者ベストホームのHP画像
保証年数:最長10年、1年点検

公式サイトで詳しく>>

高品質・適正価格

住輝プランナー

福岡で評判の外壁塗装業者住輝プランナーのHP画像
保証年数:最長15年

公式サイトで詳しく>>

豊富な施工実績

ホームテック

福岡で評判の外壁塗装業者ホームテックのHP画像
保証年数:最長5年

公式サイトで詳しく>>

福岡で評判の外壁塗装業者
3選


ベストホーム

福岡イチオシの外壁塗装業者ベストホームのHP画像
保証年数:最長10年、1年点検

公式サイトで詳しく>>



住輝プランナー

福岡で評判の外壁塗装業者住輝プランナーのHP画像
保証年数:最長15年

公式サイトで詳しく>>



ホームテック

福岡で評判の外壁塗装業者ホームテックのHP画像
保証年数:最長5年

公式サイトで詳しく>>

福岡で外壁塗装を検討している人のために、塗装業者をはじめ様々な情報をまとめました。外壁塗装をした家の施工例や業者の選び方、工事の流れ、見積書の見方、屋根塗装など…このサイトを見れば、外壁塗装のすべてが分かるようにしたつもりです。まずは福岡を施工エリアとする業者5選からご覧ください。

福岡の外壁塗装業者5選
ページの先頭へ